ご挨拶

mitui - コピー木造住宅の寿命は、約30年と言われています。
みなさんは、短いと感じますか?長いと感じますか?

私たちの住まいの屋台骨となる木は切られてから、200年から300年かけて徐々に強度を増していきます。
そして、1000年程度で、切られた時の強度にゆっくり戻ります。

先人の知恵の元で建てられた住まいに使われている木材は、自然乾燥材です。平均寿命の30年程ではまだまだ強度上昇の途中です。

私たち新民家推進協会は、木のもつ強度をより生かしていくために、将来古民家と同じく長く住まい続けることができる新築木造住宅を提案します。

そのために必要な考え方は

第1に、持続可能な循環型の『住まい』をお勧めします。

製造過程で、CO2の発生を抑制することはもちろん、その資材の性能が落ちることなく再活用出来ることこそが環境に優しい『住まい』だと私達は考えています。

第2に、トータルコストパフォーマンスの高い『住まい』をお勧めします。

建築に掛かるコストの約3分の2はその施工の手間代金です。
『住まい』を購入時に少し高めでもあまり建築コストには反映されません。反面、長期間活用出来ることで、トータルで考えるとコストを下げることができます。長い間暮らす『住まい』ですから10年後・30年後のコストも私達は考えています。

第3に、住む人に本当に優しい健康的な『住まい』をお勧めします。

科学的な商品よりも自然的な商品をお勧めします。昔から使用されてきた『住まい』の資材は長期間の実用実績がありますから安全で安心です。
健康に優しいとはやはり実績が大切と私達は考えています。

第4に、メンテナンスの容易な『住まい』をお勧めします。

『住まい』は「メンテナンスすること」で長持ちします。メンテナンスが簡単に出来ることは重要です。
私達は簡単にメンテナンスできることが必要不可欠と考えています。

第5に、10年保証でなく生涯保証出来る『住まい』をお勧めします。

『住まい』は地域の職人さんと共に造り上げるもの。「俺の目の黒い間は大丈夫」そんな住まいづくりが当たり前でした。
私達は生涯大丈夫と太鼓判の押せる商品で住まいづくりをすることが当たり前と考えています。

静岡県新民家推進協会 会長 三ツ井 仁